埋没毛に医療脱毛は効果はあるか

毎日のムダ毛処理に悩む人も多いです。自宅でカミソリや毛抜きで処理する方法が一番低コストで簡単な方法です。ただ、肌あれや埋没毛など、ダメージが大きいところがデメリットです。

埋没毛とは、毛が皮膚に埋まってしまう状態のことです。カミソリなどで自己処理している場合、皮膚が傷つき、そこがかさぶたになったり、皮膚同士が癒着して毛穴をふさいでしまうのです。

埋没毛を処理するのに、針で毛をほじくりだしたり、軽石でこするということを行う人がいますが、これはさらに肌ダメージを引き起こすので避けたいところです。そのままほうっておくと皮膚の中で分解されますが、黒ずんで色素沈着することがあります。医療脱毛の主流はレーザー脱毛です。

レーザーという光を照射することで、毛母細胞にダメージを与え、毛を生えにくくさせるという方法です。毛周期を遅らせることで、毛が生えていない状態をつくり、それを何回か繰り返していくことにより、毛母細胞が破壊されたり、毛が薄く、または細くなって脱毛効果を感じることができます。

医療脱毛のレーザーは、皮膚を通過するので埋没毛にも効果があるといわれています。医療脱毛は費用が高いというところがネックですが、肌ダメージを取り返すスキンケア費用と手間、処理後の見た目を考えると結局は安くつくのです。